LV0

【0−3】(7)【ブレイクタイム】「稼ぐ」ことは悪いこと?

↓ 本講座は、LV0【ブログでの稼ぎ方基礎編(完全無料)】の内容です。

【今だけ無料で見れる】たった「24記事」で 「1年間放置」でも 「月5万円」稼ぎ続けている 「最短で稼ぐブログを作る戦略」(19STEP)

  この記事を書いている人:ぽむこ 2017年にブログを始め、1年後に月収100万円を達成した、ママブロガー。 今この記事を書いている現在でも、ブログでご飯を食べています^^ →詳しいプロフ ...

続きを見る

↓ 前回の講義はこちら

保護中: 【0−3】(6)ブログジャンル(テーマ)の決め方【時代が変わっても稼ぎやすいジャンル選びを伝授】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを見る

 

さて、ここまで「稼ぐ」「稼ぐ」と、しつこいほど、「稼ぐこと」にコミットしてお話ししてきました。

もししかしたら、見ていただいている方の中には、

そんなに稼ぐ稼ぐなんて思ってないし

稼ぐっていうと、金の亡者みたいで嫌だ

と思われている方もいるかもしれません。

 

または

「ブログで稼ぐことに対して、少し罪悪感を持ちながら・・・でも収入は増やしたいので、ブログを書いている」

方もいるかもしれません。

 

そんな方に対してお伝えしたいのは、

「ブログで稼ぐというのは立派なビジネスなので、罪悪感を持つ必要はない」

ということです。

 

そして罪悪感なく記事を書いていくことができなければ、

やっぱりあなたは「ブログで稼いでいく」ことができません。

ではなぜそう言えるのか、私なりの考えをお伝えします。

 

 

無料公開中

「戦略」を使って直線的にブログで稼いでいきたい方はこちら↓↓

\「月100万稼いだ裏側」を暴露/

【無料】たった24記事で 、1年間放置でも 月5万円」稼ぎ続けている 最短で稼ぐブログを作る戦略全16話

初心者ブロガーさんは、これを読めばブログで稼ぐ全体像がわかります^^

なぜ「ブログで稼ぐ」のに、罪悪感を感じるのか?

ではそもそも、なぜ「ブログで稼ぐ」のに、罪悪感を感じるのでしょうか?

理由は、大きく分けて、2つあります。

1。物を押し売りしているようで、なんだか悪いから

2。周りにほとんど認知されていない「収入の得かた」だから 

 

 

1。物を押し売りしているようで、なんだか悪いから

ブログって結局ものを押し売りするだけでしょ?

というふうに感じていませんか?

 

そこがおそらく罪悪感につながっているんだと思います。

 

私も初心者ブロガーだった頃、同じような感情になったのでわかるんですが、

「ブログで稼ぐ」となると、「とにかく稼ぐことを主眼において、自分がいいとも思っていない商品を押しうる」という印象がある人もいると思います。

 

ただ結論をお伝えすると、「自分が信念を持って取り組んでいるんだったら、全く罪悪感を持つ必要はない」ということです。

 

 

ここからは少し、ブログから離れて考えてみてください

例えばあなたが「そろそろ車が古くなってきたので、車を買いたい」と思って、例えばトヨタのお店にいったとします。

そして、「車を買いたいんだけど」とディーラーに言います。

そうするとディーラーは

「この A の車もいいですが B の車もいいですよ。どちらかと言うと B の車が、人気がありますね。是非試乗してみて決めてください!」

ここでこんな風にセールスしますよね。

そしてその悩んでいたお客さんが、車を買ってくれれば、そのディーラーの担当者の成績になって、そのディーラー担当者のお給料は上がるかもしれません。

 

 

では、ブログに戻って考えてみてください。

例えばあなたが「そろそろパソコンが古くなってきたので、パソコンを買い替えたい」と思って、例えば「パソコン おすすめ」と検索したとします。

そして例えばあなたの書いた「持ち運びやすいおすすめのパソコン5選」みたいな記事に行ったとしますよね。

そうするとその記事では「Aのパソコンもいいですよ B のパソコンもいいですよ。どちらかと言うと A のパソコンが人気があります。」こんな風に、書かれていたとします。

そして、そのお客さんがいろいろ検討した結果、「 A のパソコン」を購入したとします。

そうすると、あなたに仲介手数料が入ってきます。

 

 

・・・

これって悪いことですか?

 

 

確かに中には、「報酬」しか見えていなくて、嘘の情報を書いたり、誇大表現をしすぎている人もいるのは事実です。

ただ、ブログのセールスは、会社の利益のために、会社の商品を売っているセールスマンと何が違うのでしょうか。

「稼ぐことに罪悪感を持っている」という方は、ここを一度、しっかり考えてみてください。

 

 

例えば、「自分が使って本当に良いと思った商品」をブログで「よかったよ!」と紹介して、使ってみた感想を詳しく書いてあげたら、商品が売れた。

この場合、誰が損しますか?

お客さん」ーいい商品を教えてくれて、ありがとう

自分」ー自分の好きなものを紹介するだけで、報酬が多くなって稼げる

企業」ー利益が増えて儲かる

社会」ーお金が回って、経済発展を促せる

 

 

このように、全員がWINーWINになりますよね。

 

このように、自分の中でしっかり

「嘘は書かない」「自分がいいと思ったものだけ紹介する」という信念を持って、ブログを書いていくのであれば、「ブログで稼ぐ」ことについて、一切罪悪感もを持つ必要はないですよね。

 

むしろ、あなたがしっかり発信してあげるだけで、誰もが得するようになるので、

むしろブロガーは「人のためになる」し、「好きなことで、稼げる」素晴らしい仕事だと、個人的には思います。

 

2。周りにほとんど認知されていない「収入の得かた」だから 

「ブログで稼ぐ」方法に罪悪感を感じるのは、これが大きいと思います。

 

罪悪感を感じやすいのは、「周りにほとんど認知されていない「収入の得かた」だから 」です。

(だからこそ稼ぎやすいという面もあるんですが・・・)

 

「ブログで、放っておいても、月20万なり、30万が勝手に入ってくるんだよ」

「ブログで稼ぐ」という仕組みを知らない頃、もし友達に こんな話をされたらあなたはどう思いますか?

 

「怪しいから、やめときなよ!」

なんてアドバイスするかもしれません。

 

理由は、

「自分が、知らない収入の得かただから」

ですね。

 

 

日本人は「お金の教育」というのを受けてきていないので、

稼ぐ稼ぐっていうのはいやらしい

汗水たらして働くのが、いい人だ

そんなふうに、 親や周りから教えられてきたかもしれません。

 

 

「稼ぐ」というと、なんだか罪悪感を感じてしまって、

ブログでも、「中途半端にしかセールスができなくて、なかなか物が売れない」といった状況に陥っている方も少なくありません。

 

ただ、後で気づいたんですが、

 「ブログで稼ぐ」ことと、「労働して稼ぐ」ことは、少し仕込みが違うんですね。

(ここを理解していると「稼ぐ」というマインドを持った「罪悪感」というのは薄れるかもしれません。)

 

実は、「収入が入ってくる仕組み」としては、ざっくり2つの方法があります。

 

「毎日汗水たらして、働いた分だけの対価を得る」(=労働

「自分で仕組みを作って、その仕組みに稼いでもらう」(=仕組み化

 

 

「仕組み化」と言うと、「怪しい情報商材」でも、勘違いされてよく使われているワードなので、ちょっと敬遠するかもしれませんが、

世の中の社長たちだって、全てこの「仕組み」に働いてもらう方法をとっています。

 

そして実は、「労働」だけで稼ぐには限界があって、「仕組み」に働いてもらっている人こそ、大きな利益を手にします

 

「自分が働く」ことによって対価を得るということはみんなやっているので、受け入れられやすいですが、

「仕組みに働いてもらう」ことによって対価を得ることは、少数の人しかやっていないので、周りの人からは受け入れてもらいにくい、

→だから「仕組み化」で稼ぐことに対して罪悪感を持ってしまうんですね。 

 

ただ、「ブログで稼ぐ」のが悪いのではなくて、いまお話ししたように、ブログは世間一般の人が思っている「収入が入ってくる仕組み(労働)」と、仕組みが違うだけです。

なので、「稼ぐ」ことに対して、罪悪感を持つ必要はないですよね。

 

 

「仕組み化」について話すと長くなるので、ここではお話ししませんが、

みんな知らないので怪しげに見えますが、逆にみんな知らないからこそ、かなりのレバレッジが効いて、自分が手を動かした本以上の収入が入ってくる可能性があるんですね。

メモ

「仕組み化」については「金持ち父さん貧乏父さん」という有名なベストセラーの本でも解説しているので、気になる方は読んでみてくださいね^^

 

 

(結論)稼ぐためには強いマインドは絶対に必要 

さて今まで「ブログで稼ぐ」ことに、罪悪感を感じる必要はない、というお話をしてきました。

「自分でいいこと悪いことの境界線をしっかり引いて 、セールスをするのであれば、何も罪悪感を感じる必要のないビジネスモデル」だという風にお伝えしてきました。

 

なぜこの「稼ぐことは悪いこと?」というタイトルでこんなお話をしてきたかと言うと、

今ブログで稼げていないという人にお伝えしたいのが、

なんとなく身の回りのにあったことで、ブログをつくっていても、労働型ではないので、対価は必ずしも得られないよ(仕組み化はできないよ)

という風にお伝えしたかったからです。

 

確かに、ブログはレバレッジはすごく効く方法ですが、

逆に「労働型」ではないので、戦略なくただ労働したとしても、1円も稼げない可能性だってある、ということです。

 

 

実は「なんとなくブログを書いていたら、稼げちゃいました~」言う人は稀で、

「月100万円稼げた」という人たちは、全員初めは、「この時期までにこれだけ稼ぐ!」と言う目標を持って、強い目標を持ってやっている人がほとんどなんですね。

涼しそうな顔して、実は水面下で足をすごくバタバタさせて頑張っています。

 

 

でもどうして、そんながむしゃらにできるのかと言うと、

「絶対稼いでやる!!」「ブログで稼げないと、食べていけない・・・」くらいの気迫があったからです。

ブログで稼ぐには、「絶対稼いでやる」という強い意識が、必ず必要です

 

つまり、「セールス」に振り切らないと、あなたがブログで稼いでいくことはなかなか難しい、ということをお伝えしたかったんですね。

実際ブログで「稼いできた私」もそうですし

これは、いろいろなブロガーさんアフィリエイターさんを3年間みてきた私の結論です。

 

なので、ここでお話ししたことで、もし罪悪感が薄れれてくれたのであれば、

そろそろ、ブログでセールスに踏み切っていきませんか?^^ 

 

【ワーク】まずは1記事書いてみよう

ジャンルを決めたら、まずは1記事、自分で書いてみましょう

「この記事で、この商品を売って稼ぐんだ!」というゴールを決めてから、書き始めてくださいね★

(すでにブログを書いている人は、「この文章はいまいち自信がない・・・」という記事を、1つ用意しておいてください。)

 

この時点では、文章に自信がなくても全然OK

 

メモ

このワークをしてもらう意図というのは、今の現時点の、「ご自身のの記事レベル」を、見つめなおしていただくためにやるものです。

今からライティングテクニックもお話しして行きますが、まず「自分で書いてみた記事」がないと、どこが良くてどこが悪いのかということを、修正しにくいからですね。

.

受験勉強のとき思い出してほしいですが、

「ただ先生の解説を聞いているだけ」と「まず自分で手を動かして問題を解いてから聞く解説」では、インプットされ方が全く違ってきますよね^^?

ですので、どんな文章でもいいので、ぜひ1記事、自分のやり方で書いてみてください♪

 

\次の章では、いよいよ「ライティングテクニック」についてお話ししていきたいと思います/

【0−4】(1)まずは、「その記事の目的」を決めよう(あくまでユーザー目線で!)

Follow me!

ぽむこ

2017年にブログを始め、1年後に月7桁を達成した、ママブロガー。 記事を書いている2020年現在でも、ブログでご飯を食べています★ ブログ・マーケティング・戦略を考えるのが大好き。 「常に最短で結果を出す」ことを考えている。 ラジオ・メルマガもやってます↓↓

-LV0

Copyright© ぶろりちらぼ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.