LV0

【0−4】(8)【絶対に迷わない】ブログの記事の作り方8STEP〜【今日から使える!】ブログの書き方細かいテクニック3選

↓ 本講座は、LV0【ブログでの稼ぎ方基礎編(完全無料)】の内容です。

【今だけ無料で見れる】たった「24記事」で 「1年間放置」でも 「月5万円」稼ぎ続けている 「最短で稼ぐブログを作る戦略」(19STEP)

  この記事を書いている人:ぽむこ 2017年にブログを始め、1年後に月収100万円を達成した、ママブロガー。 今この記事を書いている現在でも、ブログでご飯を食べています^^ →詳しいプロフ ...

続きを見る

↓ 前回の講義はこちら

【0−3】(7)【ブレイクタイム】「稼ぐ」ことは悪いこと?

↓ 本講座は、LV0【ブログでの稼ぎ方基礎編(完全無料)】の内容です。 ↓ 前回の講義はこちら   さて、ここまで「稼ぐ」「稼ぐ」と、しつこいほど、「稼ぐこと」にコミットしてお話ししてきまし ...

続きを見る

 私のプロフィールはこちら (https://blogrichlabo.com/profile/

 

最後に、今日から使える「ブログの書き方細かいテクニック」をお話ししておこうと思います。

簡単なことばかりかもしれませんが、少し変えただけで、読者の反応が大きく変わるので、ぜひ試してみて下さい^^

 

 

無料公開中

「戦略」を使って直線的にブログで稼いでいきたい方はこちら↓↓

\「月100万稼いだ裏側」を暴露/

【無料】たった24記事で 、1年間放置でも 月5万円」稼ぎ続けている 最短で稼ぐブログを作る戦略全16話

初心者ブロガーさんは、これを読めばブログで稼ぐ全体像がわかります^^

です、ます調の統一

基本的には、いきなりタメ口ではなく、文章は「です」「ます」で統一してください

あなたも、いきなり初対面の人から、タメ口で話されるとびっくりしてしまいますよね。

それは、ブログにきてくれたユーザーからしても同じです。

初めて訪れたブログで、いきなりタメ口で話されると、びっくりしてしまいます。

 

ですのでなるべく「です」「ます」を使って文章を書いて行った方がいいですね。

 

例えばこんな感じ。

△今日から使える!ブログの細かいテクニックを話していくね~!

○今日から使える!ブログの細かいテクニックを話していきます。

 

 

「読んでもらうブログを書く」には、「ユーザーに不快感を与えない」と言うところは、とても大事なポイントになってきます。

ユーザーは、「雰囲気」でそのブログを読むか言わないか決めているからです。

ですので、言葉使いには、最低限、気をつけるようにしましょう^^

 

ポイントがいくつかある場合は、箇条書きで

ポイントがいくつかある場合は、文章をずらずらと並べるのではなくて、「箇条書きで」書くようにしましょう。

その方が単純に読みやすいからです。

 

ではちょっと例を挙げてみますね。

この文章はどちらの方が読みやすいですか?

△(箇条書きをしていない)

「オイシックス」という野菜宅配で安全な食材を取り寄せるようになってから、結果、「買い物」という家事が一つ減って、自分時間や子どもとゆっくり向き合える時間が増えた、子供が野菜もパクパク食べてくれるようになった、さらに、私のアレルギーや肌荒れも良くなっていった

と、いいことづくめだったのです。

.

○(箇条書き)

「オイシックス」という野菜宅配で安全な食材を取り寄せるようになってから、結果、

  • 「買い物」という家事が一つ減って、自分時間や子どもとゆっくり向き合える時間が増えた
  • 子供が野菜もパクパク食べてくれるようになった
  • さらに、私のアレルギーや肌荒れも良くなっていった

と、いいことづくめだったのです。

 

 

やっぱり箇条書きの、下の文章の方が読みやすいですよね。

このように、「文章が長くなりそうだな」「いくつもポイントを詰め込まないといけない」という時は、箇条書きにして書くようにしましょう。

 

「キーワードは10個以上」などテクニックに頼りすぎるよりも、「ユーザーにとってわかりやすい表現か」の方を意識する方が大事

よく言われるSEOのテクニックで、「キーワードを一つの記事に10個以上詰め込みましょう」とか言うものがあります。

 

このテクニックに従って記事を書いている人もいるかと思いますが、

この「ぶろりちらぼ」のロードマップでは、「テクニックに頼りすぎて、ブログ内にキーワードを詰め込みすぎること」はおすすめしていません

 

というのも単純に、「キーワードをいくつ書いたかな」と数えて記事を書くのはとても面倒ですし、

そもそも最近のSEOでは、キーワードを詰め込みすぎたとしても、上位表示には、大きく影響しないからです

 

ですので「キーワードをいくつ入れるか」にとらわれすぎるよりも、

「そのキーワードでユーザが何を知りたいのか、記事の中でしっかり回答していくこと」の方が大事です。

 

 

例えば「食材宅配 おすすめ」だったら、

「食材宅配 おすすめ」というキーワードを多用するんじゃなく、

「ターゲットはどんな情報を知りたいんだろう?」と考え、それに答える記事を丁寧に書いていくことです。

 

「ユーザのためにキーワードに対してしっかり回答する」これを心がけておけば、自然と必要なキーワードは入ってきますよ^^

 

驚かれるかもしれませんが、

「ユーザーの方向を向いた記事」を描き続けていると、あなたが「思いもしなかったお宝キーワード」が自然と入ってくることだって、あるんですよ。

 

例えば私は、 美容ブログを運営していましたが、

「敏感肌 美容液 おすすめ」というキーワードで記事を書いていました。

.

その中で、ユーザーに必要だと思って、「肌に優しい美容液」という表現を何気なく作ったんですね。

そうすると気づかないうちに「肌に優しい美容液 おすすめ」で、何気なく1位になったことがありました。

(※今個人ブログが美容ジャンルを責めてもなかなか、上位に上がりづらいので注意してください。)

こんな風に「ユーザーの方向を向いて」まずは「一つのキーワードに対して、記事の中で回答を書く」という意識を持って記事を書いていけば、「ユーザーが必要とするキーワード」自然と入ってくることだってあり、結果、ユーザに好かれる、検索上位に上がりやすいブログを作ることができます。

 

 

ですので、「キーワードを岸に行く詰め込まないといけない」などという小手先のテクニックは、あまり気にしないようにして、

あくまで「ユーザーにとって必要な情報かどうか」を考えて、記事を書いていくようにしましょう^^

 

 

メモ

これらのテクニックは、ほんの一部で超基礎的なテクニックばかりですが、少し意識するだけでブログの文章がぐっと読みやすくなります。

詳しいテクニックは、数え切れないほどあるので、ここでは紹介しきれず、ライティング上級(LV2)の方で、20種類以上のテクニックについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

【ワーク】今までお話ししてきた、「ライティングテクニック」を使って簡単に記事を書いてみよう

今までお話ししてきた、「ライティングテクニック」を使って簡単に記事を書いてみよう!

 

ぽむこ

LV0はこれで終了だよ!お疲れ様。

さらに細かく学びたい人は、LV1のサイト設計上級に進んでみてね。

保護中: (udemy用)【無料】「稼げないブログから脱却する、7日間ステップ講座」のご案内(限定講座)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを見る

Follow me!

ぽむこ

2017年にブログを始め、1年後に月7桁を達成した、ママブロガー。 記事を書いている2020年現在でも、ブログでご飯を食べています★ ブログ・マーケティング・戦略を考えるのが大好き。 「常に最短で結果を出す」ことを考えている。 ラジオ・メルマガもやってます↓↓

-LV0

Copyright© ぶろりちらぼ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.