参考記事

【参考】こどもにとっての「幸せ」って?親ができることは何か?

先日、市で開催されている、育児に関するお話を聞きに行ってきました。

その中で、とても良いお話を聞くことができたので、ご紹介したいと思います。

息子が暴れまわり、残念ながら全てを聞けたわけではありませんでしたが、
以下のような内容でした。

 

*こどもにとっての「幸せ」とは*

あなたは、こどもにどうなってもらいたいですか?

良い学校に入り、
良い会社に就職して、

勝ち組になってほしい
お金持ちになってほしい
と思っていますか?

もちろん、親心として

そう思うのは間違っていないと思います。

 

でも、一度想像してみてください。

あなたは

親におしりを叩かれながら、苦手な勉強を毎日させられ、
良い会社に就職して、
人から誉められて、

でも、それが本当に

自分がやりたかったことではなかったら…

それは「幸せ」だと思いますか?

人それぞれ「幸せ」の観点は違うけれど、

 

「幸せ」とは、


自分らしく生きている時間が長いこと。

自分らしく生きている時間が長いほど、人は幸せを感じられる
と思うのです。」

と教えていただきました

(子供追いかけながらなので脚色が入っているかもしれませんが。)

 

*私の人生*

このお話が、私の心にはスッと入ってきました。

なぜなら、

このお話の例えに出てきたのは、私が歩んできた人生そのものだったからです。

私は、親の勧めのまま人生を歩んできました。

人生の各々の選択をしてきたのは自分です。

しかし、
私は子供を産む前、世間では羨ましく思ってもらえる職業についていましたが、

 

残念ながら、幸せではありませんでした。

毎日毎日忙殺されて、

私は何のためにここにいるのだろう?と思っていました。

とても「幸せ」と感じられる状況ではなかったです。

一方

こどもを授かり、育児にごろっとシフトチェンジされた今の生活は

キラキラした服を着れなくても、
ヒールをはけなくても、
人から羨ましがられなくても、

どんだけ大変でも、

毎日ぺちといられることが幸せで幸せで、

 

幸せ~


毎日叫んでいます
。笑

 

*こどもを「幸せ」にするために親ができること*

こどもの「幸せ」のため、親は何ができるのでしょうか。

・・・・

きちんとこどものことを考える親だと思うのです。

この例えばなしに出てきた親は。

だから、

こどもを名門学校にいれたい。
良い大学にいれたい。
きちんと学をつけさせるために習い事をたくさんさせたい。

そうすれば、きっと良い人生を送れるだろう

と考えると思うのです。

そう考えること自体は全然間違っていないと思う。

こどもを「幸せ」にしたいと思っての行動なはずなのですから。
こどものことを思って何かをしてあげたいと思う親は素晴らしいです。

こどもの意志が出てくるまでは。

・・・・・

例えばこどもが

「絵で食べていきたいから専門学校に行きたい」と言った場合、

親が

有名大学に行かせたいと思っていたとしたら、

自分の思いと違い、戸惑うかもしれません。

でも、この場合、

無理やり親の思う通り軌道修正させることが、
 

果たしてこどもの「幸せ」につながるのかよく考えてほしい
ということだと思うのです。

言いなりになるということではありません。

親ができることは、

こどもの目標が、その子の「幸せ」に繋がるかをしっかり見極め、

もし、応援できるものであれば、

こどもを裏でそっと、でも、


全力でサポートしてあげることなのかなと
私は思います

*ぺちの親として*

自分のことに置き換えて考えた場合、

息子の幸せを一番に考えて、したいようにさせてあげたいとは思っていますが、

ぺちはまだ一歳なので、

もしかしたら、

今後私の欲がどんどん出てきて、

こどもの気持ちを見失って、

自分の「こうなってほしい」を押し付けてしまう日が来るかもしれません。

 

そのときはこの話を思いだし、そっとこのブログを読み返そうと思います。

 

親も人間、迷って当然

間違えたらそこで修正すればいい。

Follow me!

ぽむこ

2017年にブログを始め、1年後に月7桁を達成した、ママブロガー。 記事を書いている2020年現在でも、ブログでご飯を食べています★ ブログ・マーケティング・戦略を考えるのが大好き。 「常に最短で結果を出す」ことを考えている。 ラジオ・メルマガもやってます↓↓

-参考記事

Copyright© ぶろりちらぼ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.