LV0

【0−4】(2)【絶対に迷わない】ブログの記事の作り方8STEP〜②【初心者のためのSEO対策】ブログキーワードの選定のコツ厳選4STEPと、注意点を詳しく解説

↓ 本講座は、LV0【ブログでの稼ぎ方基礎編(完全無料)】の内容です。

【今だけ無料で見れる】たった「24記事」で 「1年間放置」でも 「月5万円」稼ぎ続けている 「最短で稼ぐブログを作る戦略」(19STEP)

  この記事を書いている人:ぽむこ 2017年にブログを始め、1年後に月収100万円を達成した、ママブロガー。 今この記事を書いている現在でも、ブログでご飯を食べています^^ →詳しいプロフ ...

続きを見る

↓ 前回の講義はこちら

【0−4】(1)【絶対に迷わない】ブログの記事の作り方8STEP〜①まずは、「その記事の目的」を決めよう(あくまでユーザー目線で!)〜

その記事は「お役立ち記事」か「購買して欲しい(何かを買ってもらうための)記事」なのか?まずはチェック! ↓ 本講座は、LV0【ブログでの稼ぎ方基礎編(完全無料)】の内容です。 ↓ 前回の講義はこちら ...

続きを見る

私のプロフィールはこちら (https://blogrichlabo.com/profile/

 

 

この記事は、「ブログでアフィリエイトをしていきたいけど、キーワード選定のコツを知りたい」と思う人専用の記事です。

 

前回のロードマップでは、今から書いていく記事は

  • 買う目的のために書く記事なのか
  • 調べる目的のために書く記事なのか

 

を、書き始める前によく意識しないといけない、というお話をしてきました。

 

ただ、「記事の目的を決めて書く」と言っても、

その記事のテーマ(キーワード)はどうやって決めたらいいのでしょうか?

 

実は、「ブログのキーワードの決め方」というのは、あなたが「自分の頭の中だけ」で決めるわけではないんですね

 

ではどうやって決めたらいいか・・・・?

 

それは、「誰のために書いている記事なのか?」もう一度思い出してみてください^^

そう!ユーザのために記事を書くんでしたよね。

では、ユーザーはどんな「情報を知りたい」と思っているのでしょうか?

 

答えは「読者が検索するキーワード」にについて、「知りたい!」と思っています。

つまり、「読者が検索するキーワード」=「あなたがブログ記事で書いていくべきキーワード」なんですね。

これを選び取れることができれば、読まれるブログになります^^!

 

では、「読者がよく検索するキーワード」はどうやって調べたらいいのでしょうか?

この記事では、

 

  • 読者に読まれる「SEO用のキーワード」の探し方のコツ
  • 探しっぱなしではない、「読まれるキーワードの選び方」
  • キーワードを選ぶ際の注意点

 

についてお話ししてみたいと思います( ^ω^ )

 

 

無料公開中

「戦略」を使って直線的にブログで稼いでいきたい方はこちら↓↓

\「月100万稼いだ裏側」を暴露/

【無料】たった24記事で 、1年間放置でも 月5万円」稼ぎ続けている 最短で稼ぐブログを作る戦略全16話

初心者ブロガーさんは、これを読めばブログで稼ぐ全体像がわかります^^

これで読者に読まれる!「SEO用のキーワード」の探し方

ここでは、「いますぐ手っ取り早く「ユーザーが知りたいと思っている情報」を知れるツール」を2つご紹介したいと思います。

それは、

 

  • 「Google検索」
  • 「キーワード検索ツール」goodkeyword(https://goodkeyword.net/)

です。

Google 検索でのキーワードの探し方

「Google検索」は、いつもあなたが検索のとき使っているあのツールですね。

「Google検索」は、検索したときに「予測変換」が出てきますよね。

ここを参考にします。

 

 

 

例えば「食材宅配」検索したときに「食材宅配 地域」「食材宅配 比較」「食材宅配 土日」などと言う検索ワードが出てきますよね。

これらが、ユーザーがよく検索する「関連ワード」です。

このグーグル検索に出てくる「関連ワード(キーワードと言います)」を使うことで、「Googleで検索するたくさんの人たちが知りたい情報」を、ユーザーに届けることができるんですね。

 

ですので、「キーワードの探し方がわからない」方は、まずここで「キーワード」を探すと良いですね。

もう一つ使えるのが Google 検索で、スクロールすると出てくる、下の方の「候補」。

 

この「候補たち」も、他の人が検索している「関連ワード」です。

ちなみに、これらに表示される候補は、あなたが検索したワードも入っていたりするので、少し注意です

 

 Google 検索からは、こんな感じで、キーワードを選んでいきます^^

ここで選んだキーワードをもとに、ブログを書いていくことで、「需要のあるブログ」というのが生まれてきます。

 

goodkeywordの使い方

もう一つ、かなり簡単に、多くの「検索キーワード」を探す方法があります。

 

それは、「キーワード検索ツール」を使うこと。

 

例えば、有名で使いやすいのは、goodkeywordですね。

goodkeyword

 

 

このツールは、「調べたいキーワード」を入力すると、Googleで他の人が検索した「関連ワード」がずらっと出てくるので、キーワード探しにはとても便利です。

 

例えば「食材宅配」というテーマで記事を書きたい場合、goodkeywordで「食材宅配」と調べたとします。

 

そうすると、「ユーザーが Google 検索しているキーワードの一覧」が出てきます。

 

キーワード一覧が出てきたら、

  1. Google Bing サジェストの項目になっているかを確認して
  2. 左にある 「Google より見つかりました」の場所にあるキーワード、を選んでいきます。

 

 

この一覧に出てきているものは、ユーザーが実際に Google 検索したものなので

「goodkeywordで表示されているキーワード」=「読者の需要があるキーワード」ということになります。

つまり、「ブログ記事で使えるキーワード」という事ですね。

キーワードをまず決めておくことで、

検索者が「どういう記事を欲しがっているのか」知ることができ、検索者の意図に沿った記事を書くことができるので、ぜひ活用してみて下さい^^

 

 

キーワード選定の方法 (選び方のコツ)

ただキーワード選びはこれで終わりません。

「キーワードの選び方」は知ったものの、この「たくさんあるキーワードの中から、どのキーワードを選んでブログを書いていたらいいのか?」考える必要がありますよね。

でも「どのキーワードを選んだらいいの?」って、判断するのが、難しいと思います><

 

なのでこの章では、「キーワードの選び方のコツ」について、お話ししていきたいと思います。

 

キーワード数で絞りこもう

まずは「需要のあるキーワード」というのを、選んでいくようにしましょう。

検索をされていたとしても、「需要がほとんどないキーワード」では、ユーザに読まれる事は無いので、

今見たキーワードに、「需要があるかどうか」というのことを、最初に調べておきます。

 

 

では、需要のあるキーワードというのをどうやって選んだら良いのでしょうか?

 

重要のあるキーワードの選び方と言うのは、aramakijakeというツールが使えますよ。

aramakijake(登録不要・今すぐ誰でも使える)

このツールは、登録不要で誰でも、今すぐ使うことができるのでぜひ試してみてください\(^-^)/

 

では使い方を、ご説明しますね。

例えば「食材宅配」というキーワードを 検索窓に入れて、チェックボタンを押します。

 

 

すると検索結果に、 Google や Yahoo JAPAN で検索されている「月間検索数」が出てきます。

ここは、上に掲載されてている一覧の検索数を参考にしたらいいですね。

今回の食材宅配だと、「 Yahoo JAPAN・・・7,261件」「Google ・・・5,940件」です。

 

じゃあどれくらいのキーワード数だったら、「狙い目」なのかと言うと、(詳しくは上級の章で深掘りしていきますが)

ざっくりいうと、「100-1000/月」のキーワードは、かなりねらい目ですね^^

 

ここら辺を狙っていくことで、「ユーザーに見られるブログ」の第一歩になります。

 

 

どういうキーワードがおすすめなのか?

ただ、「aramakijake」で調べて、「100-1000/月」のキーワードだったとしても、競合(ライバル)が強いと、なかなか検索上位に食い込むことができません。

そこで使えるのが、ロングテールキーワードやずらしキーワードですね。

「ロングテールキーワード」や「ずらしキーワード」を使うと、比較的楽に、上位に食い込むこともできます

 

 

例えば、

「食材宅配 おすすめ」だったら・・・

ロングテールキーワード・・・「食材宅配 おすすめ 大阪」キーワードの数を多くしたもの

ずらしキーワード・・・「食材宅配 ランキング」よく調べられているキーワードについてずらしたもの

です★

 

 

「ロングテールキーワード」と「ずらしキーワード」については奥が深いのですが、ここをしっかり剪定する事で、他のサイトと差別化をはかることができます。

話し始めるとがないので、ここの詳しい説明は、「サイト設計上級」のほうに譲りますね^^

 

キーワードを選ぶ際の注意点

ただここで、キーワードを選ぶ際の注意点が「1つ」あるので、しっかり確認しておきましょう★

 

1つのブログ記事にはメインキーワードは「1つ」を徹底しよう

キーワードを選定するときに、徹底してほしいのが、「1つの記事」には「メインキーワードは1つ」ということです。

 

「あれも、これも」とたくさんのキーワードを1つの記事に盛り込みたい気持ちはすごくわかるんです><

分かるんですが、キーワードが2つ以上になると、記事自体がぶれてしまい、何が言いたいのかわからない記事になってしまうからです。

 

例えばキーワード選定の段階で、

  • 「食材宅配 おすすめ」というキーワード
  • 「コープ口コミ」
  • 「おいしっくす 口コミ」

というキーワード3つのキーワードで記事を書いてしまったとします。

 

 

すると、その記事の中1つで、

  • 食材宅配のおすすめの紹介もしないといけないわ
  • コープの口コミも、
  • オイシックスの口コミも詳しくしないといけないわ

で、記事が長くなりすぎてしまいます。

 

 

なにより「記事がブレブレ」になってしまうんですね。

 

 

「記事を書く目的」って、なんでしたか?

ロードマップなどを見ていただいている方は、お分かりだと思うのですが、「読者を満足させるため」でしたよね^^

 

 

ではユーザーの立場に立って、考えてみてください。

あなたが、もし、「少し気になるならぐらいのレベルで、おすすめの食材宅配」を調べたいとします。

 

そこで出てきた記事の中で、あまり興味のない「コープの口コミ」や「おいしっくすの口コミ」を長々と読まされると、

「ちょっとこの記事疲れるな」と思って、そのサイトを離れませんか・・・?

 

サイトを離脱されるということは、あなたのブログで記事が売れないということです。

そうなっては困りますよね><

こういうことから、「1記事」=「1つのキーワード」は、必ず徹底するようにしてくださいね★

決めたキーワードをどうやって使うのか

ブログキーワードの選定のコツをお伝えしてきましたが、

もしかしたらこんなこと思っているんじゃないでしょうか?

「決めたキーワードは、どうやってブログの中に入れたらいいの?」

結論としては、決めたキーワードは

・タイトル

・見出し(h2、h3など)

・本文

に入れることで、 Google の検索上位を狙います。

キーワードを散りばめることで、SEOが強くなり、記事が検索上位に来やすいという状況が作れます。

キーワードを探し終えたら、「記事を書く目的」をもう一度思いだそう

「お役立ち記事」か「購買して欲しい(何かを買ってもらうための)記事」かをチェック

キーワードを探し終えたら、「その記事の目的」を、もう一度思いだしてみてください。

「お役立ち記事」か「購買して欲しい(何かを買ってもらうための)記事」なのか?

まずはチェックする必要がありました。

つまり、今選んだキーワードが

・「買う目的のキーワードなのか」

・「調べる目的のキーワードなのか」

考えてみて欲しいんですね。

「買う目的のキーワード」なのか「調べる目的のキーワード」なのか、調べることで、ユーザーの意図に沿った記事が書けるようになるので、

この過程は絶対に飛ばさないようにしてくださいね^^

https://blogrichlabo.com/lv0-4-1/

ユーザー目線に立つ記事を書けるかどうかチェック

ただ、「買う目的のキーワード」なのか「調べる目的のキーワード」なのか、調べるだけでは、まだ記事を書くことができません。

それでは、独りよがりの記事を書いてしまう可能性があるからです。

もう一つ、キーワード選定の時には重要なチェックポイント

本当にユーザー目線に立てるキーワードか【相手が欲しい情報をかけるのか?】

自分の胸に聞いてみる必要があります。

もしあなたが、ユーザー目線に立てていない記事を書いてしまうと、

「私が求めている記事ではない」と、ユーザーにすぐ離脱されてしまうからですね。

ユーザーに早々に離脱されてしまうと、ブログ記事を読んでもらえないばかりか、Googleの評価がどんどんどんどん落ちて、検索順位が落ちて、誰にも読まれない記事になってしまうことも、十分ありえます><

ですので、そうならないためにも

「本当にユーザー目線に立って書けるキーワードなのか?」

ということは十分にチェックしておいてください。

次回のロードマップの予告

では、新しく出てきた「ユーザ目線」。

この「ユーザ目線」に立つ記事を書くためにはどうしたら良いのでしょうか?

次の章で、そのコツや方法をお伝えしていこうと思います^^

※キーワードについて、慣れてきたら、競合を考えて、キーワード選定をする必要が出てきます。「競合が強い場合の、キーワードの選定の仕方」については、LV1の上級の方ででやっていきます。

【ワーク】今から書いていく記事のキーワードを決めよう

本記事をもとに、「今から書いていく、または書けそうな『キーワード』を1つ洗い出そう。

(キーワードを選ぶ際の注意点も再確認してみてください。)

 

\次はターゲット選定です/

【0−4】(3)【絶対に迷わない】ブログの記事の作り方8STEP〜③ターゲットの決め方~徹底してユーザー目線に立たないと記事は読まれない~

Follow me!

ぽむこ

2017年にブログを始め、1年後に月7桁を達成した、ママブロガー。 記事を書いている2020年現在でも、ブログでご飯を食べています★ ブログ・マーケティング・戦略を考えるのが大好き。 「常に最短で結果を出す」ことを考えている。 ラジオ・メルマガもやってます↓↓

-LV0

Copyright© ぶろりちらぼ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.