3.収益化するブログの始め方

【保存版】ブログのターゲットの決め方。私はこの方法で15万PVを達成したよ

「ブログのターゲット選定が必要だという話を聞いたけど、どうやってターゲットを決めて行ったらいいかわからない」

と思っている方に対して書いた記事です。

 

あなたが思われている通り、ブログのターゲット選定というのは、「読者に刺さる文章を書く」ために、「必須」と言っても過言ではありません

この記事を書いている人:ぽむこ

2017年にブログを始め、1年後に月収100万円を達成した、ママブロガー

今この記事を書いている現在でも、ブログでご飯を食べています^^

→詳しいプロフィールはこちら

 

私自身、3年前にブログを始めましたが、今からお話ししていくターゲット選定をしっかりやるようになってから、報酬がどんどん増え出るようになりました。

 

あなたが重要だと思われているように、この「ターゲット選定」と言うのは、できるかできないかで「人の心にしっかり文章が届いて、ブログからしっかり成果が出るかどうか」の大きな分かれ目になります

この記事を読んで、正しく実践することができたら、ユーザに読まれて、成約率も上がる収益の高いブログに成長させることができるはずです^^

 

それではこの記事では、

お話しするポイント

  • 「読まれるブログ」にするためのターゲットの決め方
  • ターゲットの決め方以外にブログが伸びる重要なポイントとは?

について、お話ししていきますね。^^

 

無料公開中

「戦略」を使って直線的にブログで稼いでいきたい方はこちら↓↓

\「月100万稼いだ裏側」を暴露/

【無料】たった24記事で 、1年間放置でも 月5万円」稼ぎ続けている 最短で稼ぐブログを作る戦略全16話

初心者ブロガーさんは、「裏ブログ戦略」もあわせて読むことで、ブログで稼ぐ全体象がわかります

ブログのターゲットを決めない記事だとどうなってしまうのか?→結論お客さんが逃げていきます

まず、「ブログのターゲットを決めない記事だと、どうなってしまうのか?」ということを共有しておこうと思います。

 

最初に結論をお伝えしておくとターゲット選定ができていない記事は誰の心にも刺さらず、あなたのブログから商品を買ってもらえることは、ないでしょう

 

ではどうすればこの失敗を回避できるのか?

ぽむこ

まずは、失敗例を知っておくことで、あなたの失敗を未然に防ぐことができるので、よく聞いてみてね!

 

まずは以下の失敗例を見てみましょう。

 

ターゲット選定をしなかった失敗例↓

例えばあなたが「食材宅配 おすすめ」のキーワードをチョイスして、ターゲット選定をすることなく、記事を書いてしまったたとします。

その記事内容は、あなたの好きな「生協」の口コミ記事がほとんどで、他の食材宅配会社との比較もなく、「私はいつも生協を使っています。ここが素晴らしいのでとにかく、生協がおすすめです!」という記事になってしまったとします。

 

この記事、客観的に見てどうでしょうか?

 

「食材宅配 おすすめ」で調べた人は「どういう食材宅配かいいか」比べてみたいのに、 「このブログの書き手の思いはわかったけど、私が探している情報をどこ?」って思ってしまいますよね。

 

この記事は、他の食材宅配のことも知りたい人

  • 例えば「オイシックス」(別の食材宅配)の情報を知りたい人
  • 「らでぃっしゅぼーや」(別の食材宅配)の情報を知りたい人
  • もしくは「生協とオイシックスがどう違うのか知りたい」人
  • 「生協とらでぃっしゅぼーやがどう違ってどう良いのか」比べた上で、比較しておすすめを知りたいという人

意図には全くそっていない記事になります。

 

こうなると、せっかくブログに訪れてくれたユーザーも、すぐにあなたのブログから離れていってしまいます

ブログのターゲットをしっかり決めずに、自分の思いだけで記事を書いてしまうと、

こんな風にせっかく来てくれたユーザが、あなたのブログから離れていってしまうんですね。

ぽむこ
ユーザが離れてしまうと言う事は、あなたのブログからの売り上げは上がらなくなってしまうと言うことだね💦

 

ブログのターゲットの決め方(具体例をあげて説明)

こんなふうにユーザをしっかり、自身のブログに引き止めるには、ターゲット選定がとても重要なんですが、

では「ターゲット」というのは、どうやって決めれば良いのでしょうか

 

メモ

その記事のターゲットとは、「その記事を一番読みそうな一人の人物像」のことです。

つまり、「その記事を読むと思われる、たった1人の人物像」を作りこむこと=ターゲット選定に成功するということです。

 

ブログターゲットの決め方=「たった一人」の人物像を作り上げること

では1つ、例を上げて「たった一人の人物像」を作りこんでいくことにしましょう。

 

例えば、あなたが「食材宅配 おすすめ」というキーワードで、記事を書いていきたいとします。

まずはそんな時、「食材宅配 おすすめ」というキーワードで、どんな人が検索するのか想像してみることにしましょう。

 

そうすると、たとえばこんな人物像が浮かび上がります。

年齢→32歳

性別→女性

家族→夫1人、子1人

どこに住んでいるのか?→愛知県の都心部から少し離れたところ(想像できるとより良いです)

日中の生活は?→育休中。子供と二人で家にいるが、もうすぐ育休復帰で、家事と育児と仕事の両立を不安に思っている、

どんなことに悩んでいるのか→スーパーが車でしかいけない距離にあり、子供を連れての買い物が億劫。育休復帰で戻ったときに、「スーパーに行く時間がないか」(キーワードに合わせた悩み)

検索したきっかけは?→育休復帰をしている先輩とランチをしている途中、先輩に「育休復帰してからはすべて時短家事に頼ってる」「カット野菜もある食材宅配便利だよ」ときいた。

いつ検索したのか→先輩とのランチが終わって、帰ってきた日の夜(子供が寝ている間)

ネットで買い物をするとき、いつもどうやって購入しているのか?→基本ポイントの貯まる楽天市場を使っている。ポイ活は面倒なので使っていない

何に価値基準を置いているのか?(仕事・家族・お金・人間関係・健康の中で)→家族>人間関係>お金>仕事>健康

  

こんな感じで細かく、「一人の人物像」を作り上げていきます。

ぽむこ

人物像を作り上げる時「どんな人が検索するのか」ということを、考えながら作るといいですね。

ターゲットの人物像を細かく絞り込めば絞り込むほど、ターゲットの要望に沿った記事を書いていくことができるからです( ^ω^ )

 

ではなぜ「一人の人物像」を作り上げるのかと言うと、

こんな風にターゲット選定をしっかり先にやっておくことで、

  1. 相手のことを深く知って(ターゲット選定)→
  2. 「ユーザー目線に立つ記事」を書くことができて
  3. それが読者の心に刺されば、あなたのブログを信用してくれ
  4. それが、「アフィリエイト商品の購入・成約」にも繋がったりたりするからです( ^ω^ )

 関連記事>>  【初心者必見】ブログで広告収入が欲しいあなたへ。一般人でも今すぐできる「おすすめのやり方」(「仕組み」から解説)

メモ

ちなみに、絞り込む「1人の人物像」は、難しければ、はじめは「昔悩んでいた自分」がおすすめです。

悩みだったり、どういう意図で検索するのか手に取るようにわかるので、同じ悩みを抱えた人に向けて、深い、意図に沿った記事を書けるからです。

 

どんな「絞り込み方」をすればいいのか?具体的な方法については、「LV1ライティング上級」でやっていきますので、ここで確認してみてください。 

 関連記事>>  【初心者用】ブログを最短で収益化させたい人のための「戦略のブログ講座」開講します! (LV1ライティング上級の詳細はこちら)

 

【不安】ブログで決めたターゲット属性以外の人は放っておいていいの?

 ただ、今のターゲット選定の話を聞いていて

たった一人に向けて記事を書いたら、それ以外の人には共感してもらえないから、ほとんど買ってもらえないんじゃないの?

と、思いませんでしたか?

 

同じ疑問を、私も初めの頃思いましたが、

実は、ターゲットは絞り込めば絞り込むほど、ブログの収益は上がっていったんですね。

 

では実際、「どうしてターゲットを絞り込めば絞り込むほど、収益が上がっていたのか?」実際の例を見てみましょう。

 

ここにあげるのはブログ記事のタイトルですが、このタイトルを見て、あなたはどちらのタイトルをクリックしたくなりましたか?

  1. 「食材宅配おすすめ12選を紹介」

  2. 「30代共働き主婦が、7ヶ月間食材宅配会社を比較して、やっと決めたおすすめの1社とは?」

  

 

 

・・・なんとなく「②」をクリックしてしまいそうになりませんでしたか?

①はターゲット選定なく決めたいタイトル

②は「30代共働き主婦」をターゲットとして選定して、書いたタイトル

です。

 

今あなたが、②のほうが気になったのは、「ターゲット選定をしていたからこそ」なんですね。

 

実は、商品を売るには、「ターゲットが具体的であればあるほど」、その属性に近い人の心に響きやすくなります

 

上のタイトルは、「30代女性」にはドンピシャで刺さりますが、「50代女性」にも「そうそう」と共感できる部分があれば、響く可能性があるわけです。

考えてみてください。

「食材宅配」を選ぶのって、「30代子持ち女性」が多いですよね(ここはもちろん、別途詳しくリサーチが必要になってきます)。

 

そこで、「ターゲット属性にちかい」「30代子持ち女性」のための記事を書くことができれば、「私のことだ!」と思ってもらって」バンバン売れるわけです。

電車や、新聞の広告のキャッチコピーなんかを見てもらえれば、 分かりやすいと思います。

例えば、1週間前、私が新聞広告で見たチラシでは、「膝でお悩みのあなたに」というキャッチコピーが書かれていて、「 階段を上るのは辛そうな70代ぐらいの男性の絵」が書いてありました。

正直、 私とはターゲット属性が全く違うので、30代女性の私には全然響きませんでしたが、「足腰が辛くなってきた70代の男性」にはきっと深く響くはずです。

 

このようにターゲットを絞りに絞流ことで、記事を書くほど「私のことだ!」と目にとめてもらいやすくなるんですね。

そして内容も、自分の悩んでいたこと困っていたことに共感できるものであれば、あなたの記事に共感、深く信頼してもらいやすくなります。

ぽむこ

信頼してもらえた結果、「読まれる、売り上げの上がるブログになる」ということです(実体験)。

 

残り5%のターゲット属性以外の人は放っておいていいの?

ただここでこういう疑問も生まれませんか?

ターゲット属性に近い人以外の人に届かなくていいの・・・?

と。

 

先程の食材宅配の例で言うと、「50代男性」ですね。

 

結論から言うと、5%もいない「ターゲットでない層」は、思い切って切り捨ててOKです

 

たった「5%のターゲット」と「95%のターゲット」どちらに訴求したほうが効率が良いかということですが、

もちろん「95%のターゲット」に訴求した方が良いのは目に見えています

 

5%のターゲットは思い切って切り捨てたとしても、95%のターゲットを取れば、あなたのブログでの成約率はぐっと上がります 。

これも一つの「ブログを運営していく上での戦略」なんですね。

メモ

このブログでは短時間しか取れない人でもブログで成功するための戦略を軸に解説しています。戦略について気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 関連記事>>  ブログの「戦略」とは何か?【ブログ初心者が月100万円プレーヤーに勝つ、唯一の方法を解説】

(上記記事は公開すると競合が多くなるため、非公開にしています。こちらからの請求で無料で見れるようになります。)

 

 ですので、ブログで読まれる記事を書きたいなら、

「95%のターゲットに響かせるために」、「ターゲットは必ず細かく」絞っていくようにしてくださいね

ブログのターゲットを決めてからすべきこと

ちなみに、売り上げが上がるブログにしようとするとターゲット選定だけじゃなく、細かい文章の型だったり、記事の書き方だったりがとても重要になってきます。

 

こういった基本の記事の書き方など一連の流れについては、下の記事にまとめています。

有料級の情報を、全部無料で公開しているので、ブックマークなどして、何度も実践してみてくださいね^^

 関連記事>>   たった「24記事」で 「1年間放置」でも 「月5万円」稼ぎ続けている 「最短で稼ぐブログを作る戦略」ロードマップ

メモ

ちなみにここでご紹介しているのは、「ただ記事を書く方法」じゃなくて、

「少ない時間しか取れなくても、戦略を立てて利益を最大化させていける方法」も、全て無料で公開しています(戦略部分は一部非公開ですが、こちらからの請求で無料で見れるようになります^^)。

ちなみに、人が増えすぎたら、無料公開を予告なく終了する場合もありますので、よかったらお早めにチェックしてみてください。

 

 次回の記事>>  読みたくなるブログタイトルのつけ方(決め方)〜2倍クリック増を目指す!例を挙げて紹介するよ〜

【無料】あなたが「稼げないブログ」から脱却する方法(裏戦略)を今だけ無料で公開

 

【期間限定】25,000文字相当の「戦略」「記事の保護パスワード」が

\ すぐに受け取れます! /

10日間にわたって、私がブログで成功するためにとった「戦略」をぶっちゃけます

ぽむこ

2017年にブログを始め、1年後に月7桁を達成した、ママブロガー。 記事を書いている2020年現在でも、ブログでご飯を食べています★ ブログ・マーケティング・戦略を考えるのが大好き。 「常に最短で結果を出す」ことを考えている。 ラジオ・メルマガもやってます↓↓

-3.収益化するブログの始め方

Copyright© ぶろりちらぼ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.